走人独笑Ⅱ

陸上とポケモンとロードバイクの趣味ブログ

落ち武者の奮闘記〜丹後半島駅伝

 

こんばんは。

 

練習サボり過ぎて落ち武者と化してしまった自分には、フルマラソンに出走できる余力は到底ありません!なので、最近は地方のローカル駅伝に出場して、その中でそこそこの成績残して自己満足しております(笑)

 

 

f:id:ringo_0x0:20181203203750j:image

 

 

今回は丹後半島駅伝に出場してきました。

 

 

昨年まで存在すら知らなかったのですが、京丹後市京都府南部の自治体や消防士を呼び寄せて開いている大会みたいです。大会前日に丹後入りしてもらって、蟹やら酒やらでおもてなしして楽しんでいただいて、当日は各自治体職員がその威信をかけて駅伝勝負に挑む感じです。

 

 

本駅伝は自治体ガチ勝負部門(一般の部、女性の部)とオープン参加部門(府民参加の部)があり、今回、自分は府民参加の部で出走しました。

 

 

区間は全6区間(2.8km-2.8km-3.2km-3.4km-4.4km-1.9km)で、今回は1区を担当。

チームメンバーの走力的には、4.4km区間を担当すべきだったのですが、どうせファンランで行くなら1区だけでも先頭で襷を渡してチーム的に盛り上がりたい!と思って、1区を志願しました。

 

 

1区は経ヶ岬から尾和バイパス東詰(Xバンドレーダー付近)までを繋ぐ2.8km(実質2.74km?)の区間で、序盤1km強が鬼下り、中盤600mくらいが平坦、終盤1km弱が激登りのシンプル(?)なコースです。

 

 

昨年度の総合トップが9分7秒、府民参加の部の区間記録が9分22秒。キロ3分20秒くらいで頑張れば、総合トップ、部門別の区間記録更新どちらもいただけるかな?

 

 

そんな感じでいざ本番。

今回、参加チーム数は全61チームで出走順は昨年度の上位10チームが最前列で、それ以外は抽選となります。そんな中で私の出走位置はなんと最後列(6列目)の真ん中らへんとなりました。神は乗り越えられる試練しか与えないと言いますが、スタート早々下り坂で先頭はダッシュして行くのにちょっと辛いでと思いながらスタート位置に着きます。

 

 

そして、号砲が鳴る。

総合優勝を狙う猛者たちは最前列からダッシュ!こちらは案の定、混雑に巻き込まれる(>人<;)

序盤大きく出遅れ、600mくらいでやっと先頭集団に追いつく。先頭集団に追いついたところで、ムキムキの消防士の兄ちゃんがすかさず先頭に立つ。ストライドでけえなと思いながら後ろについて、様子見。すると、消防士の兄ちゃんの息が上がりだしたので、煽り気味に横に着いたとこらへんで1km通過!

 

1km通貨は手元の時計で2分56秒。

予定では下り坂分ちょっと速めで3分10秒切るぐらいで想定していましたが、自分にしてはかなりのオーバーペース。そんなことを考えていると、消防士の兄ちゃんが再び前に出る!まだ出るか?!と思いましたが、息上がってるしそのうち落ちるやろうと後ろに着く。

 

 

そして、中盤の平坦区間に突入。

平坦だけど、感覚的には上り坂!ここで消防士の兄ちゃんを振り切りにかかる。多分、振り切っただろうけど明らかにオーバーペースですし、最後に待ち受けるのは自分が苦手とする上り坂、しかも結構急です。上り坂勝負は確実に負けるので平坦区間でなるべく引き剥がそうと必死で走りました。

 

 

そして、上り坂に差し掛かったところで2km通過!手元の時計で5分52秒。

コース条件が良すぎるにしても、2km自己ベスト30秒ぐらい更新するハイペース。

さすがに力尽きました。

登りは一気にペースダウンして、後ろ来るな!と念じながら疾走。

 

 

なんとか逃げ切りました(・_・;

1区:8分33秒

 

 

目標であった総合トップでの襷リレーと部門別の区間記録更新!

 

 

その後は後続が襷を繋ぎ、チームは総合20位(全61チーム)でフィニッシュ。

 

 

区間賞取ったし何かもらえるかと思いましたが、府民参加の部は区間賞表彰が無いらしく何ももらえませんでした(笑)

 

 

そのかわりチームが総合20位と、キリの良い順位だったので飛び賞で商品ゲット。

 

 

f:id:ringo_0x0:20181203214559j:image

 

 

中身は蟹でした。

 

 

f:id:ringo_0x0:20181203214624j:image

 

 

太っ腹ですね!

私は魚介類が苦手なのでいただきませんでしたが、大会後に行われた打ち上げで美味しくいただかれたようです。

 

 

走ってる間も楽しかったですし、走り終わった後に中継所で見られる景色も最高だったので、来年も出られたらと思います。

※カメラを持っていなかったので中継点からの風景は撮影できませんでした(T ^ T)

 

ノシ