走人独笑Ⅱ

ランニングとポケモンの趣味ブログです。

自宅のパソコンのメモリを増設してみた〜iMac編

 

ご無沙汰しております。りんごです。

 

今回は自宅のパソコンのメモリを増設してみました。

 

 

まずは、

 

めもりってなに??

 

という方にざっくりと説明しておきましょう。

 

職場の事務机で事務仕事をすることをイメージしてください。小・中学生であれば、学校の机をイメージしてください。

 

メモリとは、仕事で使用する資料や教科書とノートを置いておく場所です。同じ機能として、ハードディスクというものがあります。

 

では、メモリとハードディスクの違いは何でしょうか??

 下のイメージ図をご覧ください。

 

f:id:ringo_0x0:20200718133149p:plain

 

こんな感じです。メモリは机の上、ハードディスクは引出しのことを指します。

 

実際に仕事や勉強をするときには、必要な資料を机の上におき、素早く作業を行えるようにしますが、そんなに多くの物を置けるわけではないので、作業に不要な資料は机の引出しにしまっておきます。机の引出しは机上に比べて多くの資料を入れておけますが、資料を取り出すときには、引き出しを開けて、資料を探すという動作が入るので、机の上に資料を置いてある場合に比べて作業速度が落ちます。

 

まあ、ざっとこんな感じのイメージで大筋はあってると思います。

 

 

さて、メモリ増設とはどういうことなのか?と言いますと、「机の面積を大きくする」ということになります。机の面積が大きくなるので、机の上に置ける資料の数が増えます。これまでは机の上には置けずに、その都度引出しから取り出していた資料も、机が大きくなることで、机の上に置いて作業することができ、その作業速度が向上します。
ただし、そもそも作業に使う資料が少ない人にとっては、机が大きくなったところで作業速度には影響しません。この場合は、メモリを増設しても、作業速度は上がりません。

 

というわけでまとめると、

 

メモリとは、

  • 一時的に資料を置いておくスペースのこと。
  • 容量を大きくすると作業速度が上がる。
  • ただし、大きくすればするほど速くなるわけでもない。

まあ、ざっとこんな感じのイメージでいいと思います。

 

 

では実際にやっていきましょう!

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718132614j:image

 

 

今朝方、メモリが到着しました。

8GBのメモリ2本で16GBでございます。

 

 

現在のメモリの状況はこんな感じです。

 

f:id:ringo_0x0:20200718142050p:plain

 

 

では、早速増設していきます。

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718132634j:image

 

 

ディスプレイの背面のところをパカっと開けます。

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718132724j:image

 

 

パカっと開かなかったの力付くで開けました。結構あるんですよ、Mac製品。USBが抜けないとか笑

 

 

蓋をあけるとメモリが登場します。 

それと、メモリが挿すいない場所もあります。

 

うちのパソコンにはメモリを挿す場所が4箇所あって、最初の状態では2箇所に挿さっており、残りの2箇所は空きになっています。

 

今回は空いているところに挿しこんでいきます。

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718132800j:image

 

 

特殊な腕は必要ありません。自宅の鍵穴に鍵を入れるぐらいのレベルです。

 

 

ということで!

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718142011p:plain

 

 

増設完了!

 

 

8GBから24GBに増設してやりました。

 

 

結果。

 

 

あくまで感覚ですが、アプリの起動がめちゃくちゃ速くなりました。

 

 

コンマ何秒のラグですが、これが積み重なると大きな差になるわけです。

 

 

メモリを増設することで、パソコンの快適さが上がったことは間違いありません。

 

 

 

では、とあるプログラムを起動させてみましょう。

 

 

f:id:ringo_0x0:20200718153032p:plain

 

 

メモリ増設前

 

f:id:ringo_0x0:20200718153147p:plain



プログラム実行時間、19.4108秒。

 

 

メモリ増設後

 

f:id:ringo_0x0:20200718153244p:plain

 

プログラム実行時間:19.291秒

 

 

 

・・・・

 

 

こんな感じで、必ずしも高速化するわけではないということです。

 

 

ノシ